忍者ブログ

思いたって通信制大学に通うことにしました。 卒業するころには、夢幻のごとくとなっているんでしょうかね……。

   
心理学実験でなかで
スクイグル法と連続再生法で描画の心理テストをしたのですが、
バウムテストも有名な描画法による心理テストですね。

とはいえ、このバウムテストには最大の欠陥がある思います。
絵心ない人にしか向かない心理テストだということ。

だって、紙と鉛筆を与えられて、
木をかけといわれたら、まず「構図」を考えますもん。
東山魁夷ならともかく、紙を縦にして真ん中に木をドーンと描かないよ。
空間をどこに作るかとか、光と影の表現とか、
何も考えなくて書き出したとしても、そんなことを考えながら描いちゃう。
習慣ってこわいな。
PR

・・・続きを読む

きょう、来年の入学願書を出しにいきます。
科目履修生です。
同じ大学に残ります。
資格過程で単位の取り残しがあるからです。

・・・続きを読む

ただいま、試験週間です。
今期の試験は二科目四単位受験予定です。

それなのに絶賛休日出勤中。
13:00終了がずれ込んでいます。
業者の作業待ちなので、
文化心理学のまとめを見返していますが、
合格する気が全くしません。

・・・続きを読む

お久しぶりです。
今の大学の卒業は7月に確定しました。

今は心理学メジャーにするため
心理学の科目を受けまくっています。
心理学実験、楽しかったよ。
レポートは5つ残してるけど。
試験終わったら書きます。

何故やる気を失ったかというと、副専攻の日本語教育です。
単位を取るのすらイヤ! って感じでした。
いちおう、副専攻の単位は満たしているんですけどね。

・・・続きを読む

勉強法のリクエストがあったので書きます。
11月試験に向けて独学で合格するなら、半年が勝負です。

お盆あけたら過去問一直線。
それまでに基礎固めです。

まず、簡単な文法書を一周したら
心理学系の本をさらっと読むのがお勧め。
お勧め文法書のリンクは後日貼りますね。

去年、心理学系の単位をとっていたときに、
ああ、日能試の心理学問題って
学習心理学とか対人関係論からの出題だと気付いた。
その後、異文化コミュニケーションやったほうが効率がいい。
覚えるほど読み込む必要はないけど、
知識として知っておくとラクです。

あ、文法書は違う本を必ず読んだほうが良い。
3冊×2回 回すくらいがいいかも。
五段動詞、I group、RU verb、子音語幹動詞……
ひとつの言い方だけ知っていれば、現場はそれで十分なのですが、
試験には対応できません。
文法書が違うと表現が違ってたりするのでそれで馴れましょう。

・・・続きを読む

今日が締め切りの履修登録を修正しました。
プレゼンテーション科目をあと一科目とっておくと、
日本語教師(旧課程)でも申請ができるようなので、
変更することにしました。

これでようやく長い休みが終わります。

・・・続きを読む

五月の後半に教育実習が決まりました。
先週は実習校で面接がありました。

教室で時間待ちをしているときに
メルカトルの世界地図があって、
ああ「ガッコー」だなと感じました。

・・・続きを読む

PC不調で更新をずっとサボっていました。
反応しないキーが二つあるんですよね。

それでWeb試験乗り切ったよ、なんとか。
統計入門は落としたけど心理学統計は単位取れました。
数字の1が入力できない状態で、
片方だけでも単位取れたからよかったよかった。

新しいPCは買ってあるのですが、
調教が進んでいないのです。
慣れないとなー。

そんなこんなで、今年度の結果は38単位取得ですが、
スクーリング単位を不足にして計画どおり留年しました。
来年もう一回、四回生やります。

・・・続きを読む

11月の試験結果が出ました。
成績はどうあれ、
単位の取りこぼしはありませんでした。
善哉善哉。

・・・続きを読む

新しい年とともに、就職活動を始めました。

先方が用意した応募用紙に必要事項を打ち込んで、
写真を貼り付けて会社の昼休みに投函だ!
と、意気込んでいたのですが、
あれあれ、写真枠のサイズがデカい。
50×40mmって……、
パスポートサイズより、デカいじゃん!

昼休み、急遽写真を撮り直すことに……。

・・・続きを読む

  
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Copyright ©  -- 日西 ひがにし ―通信制大学とつれづれ― --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]